脳科学者・茂木健一郎氏の「ギャップイヤーのすすめ」は秀逸!   

 茂木健一郎さんは「ギャップイヤー」大賛成の人で有名だが、それを4分ほどで、動画で訴えている。ギャップイヤー文化の紹介の先に、日本に存在する世界に通じない”くだらない人材評価の価値観”を若者のチャレンジのためにぶっつぶしたいことや、多様性を受け入れる必要性を説く。


「そうだ、そうだ」と力が入るほど爽快感が広がり、やっぱり日本の未来のため変えなきゃとの想いが強くなる。くそ暑いのに、忠誠心の意思表示を要請されているせいか、男女とも不気味な黒一色のスーツを身にまとい(数年前は紺やグレーもあったはずだが)、「就活」で身も心も疲弊している若者を思い浮かべながら、茂木節をご堪能いただきたい!!


 あんなユニホームのように”金太郎飴”状態で統一されている格好から、いきなり入社しても、創造力やバイタリティやチャレンジ精神と正反対のことしていて、活躍などできないなんて、企業も社会もわかっているはずじゃないかと問いたい。


  ※映像は、下記まで。
  http://www.ustream.tv/recorded/7382132
[PR]

by krisyoyogi | 2011-06-24 00:21

<< 大学寮の新設・再生は、親元離れ... 東工大・京大・早大の3大学院で... >>