経団連が ”内向き”大学生に「グローバル人材」海外留学奨学金創設 ブレーキ踏みながらのアクセル?!    

 日本経団連は13日、2012年度から「グローバル人材スカラーシップ」を創設すると発表した。
 
昨日13日は、「第1回 ギャップイヤー制度キックオフ シンポジウム」が広尾のJICAちきゅう広場であり、満席の300名でにぎわった。私はメディアからの取材を受けたり、シンポジウムの運営側の準備があり、このニュースは知らなく、夜8時から行われた懇親会の場で、豪政府観光局のIさんから聞いて、はじめて知った。


 内容は、将来、日本企業で国際ビジネスに携わる意欲を持つ大学生に奨学金を支給し、帰国後の就職支援も行うというもので、経団連傘下の国際文化教育交流財団を母体に会員企業が資金協力し、交換留学制度のある政府指定の13大学(東大、名古屋大など)から候補者を選んで選考するというもの。初年度の奨学生は30人で、1人100万円を支給する計画。将来は各企業の連携でより多くの学生を海外に派遣するという。

 若年層に留学忌避や、海外赴任をよしとしない”内向き”志向が広がり、就職活動の早期化・長期化もあいまって消極的な学生が増えている。経団連が奨学金制度を創設するのは、このままでは世界で通用する人材が払底し、日本が国際競争に勝ち残れなくなるとの危機感があるからだという。

 奨学金創設と合わせ、大学と連携し、企業トップや実務者を大学に派遣してビジネスの”今”を講義する「出前授業」や、企業内でのインターンシップを単位に認定する新カリキュラムを試験的に導入したいとしている。

 まず、この奨学金の設置自体は素直に歓迎したいが、規模は30人と決して大きいとはいえない。二つ目は、「就活」の早期化・長期化は誰が主導しているかの素朴な疑問だ。車で例えれば、強烈にブレーキを踏みながら、同時にちょこっとアクセルを踏んでいるような妙な一貫性のなさを感じる。


 「就活」期間を協定で晩期化・短期化すれば、大学生がのびのびと修学できる環境を創れ、諸外国の一流大学がこぞって推奨する人材育成でもあるギャップイヤー制度で「インターン(就社に直結しない)・国内外留学・ボランティア」を学部内で実施できる。

三つ目は、”企業内でのインターンシップ”の単位認定で注視しなければならないのは、その後就社に直結してしまうと、結果的に「前倒しの企業研修」に単位を与えることになり、一種の産学癒着と映ってしまう。あくまで就労体験であることを厳守してもらいたい。
[PR]

# by krisyoyogi | 2011-06-14 08:21

就職失敗で自殺する学生が46人存在(前年比倍増)する国とギャップイヤーの関係性を総括する   

 「2011年版自殺対策白書」が10日の閣議決定後、明らかになった。2010年も自殺者は3万人を超え、13年連続となっている。その中にあって、由々しき事態は、若い世代が増える傾向にあり、白書では、若者の雇用形態が不安定なことが背景にあると伝えている。人口10万人あたりの自殺者は20~24歳が1998年の16人から09年には22人まで増加、25歳~29歳も19人から25人まで増えて、50歳以上が減少傾向にあるのとは対照的だ。

 ライフリンクの清水康之さんは、湯浅誠さんとの対談の中で、「自殺は極めて個人的な問題であると同時に、社会構造的な問題。毎年コンスタントに一定のレンジで起きているということは、社会の中に3万数千個の『落とし穴』があり、そこを特定して、セーフティネットを張る必要がある。もっと死から学び、学んだことを社会づくりにいかしていかなければ」と説く。

 私は、若者の「息苦しさ」や閉塞感に、日本の“高等教育現場”の代表である大学のあり方や、長期化・早期化でガラパコス状態の不毛な「就活」も一因であると観ている。そのため、自由を選び取り、非日常をいつくしむ装置としてのギャップイヤーの効用も訴えてきた。ギャップイヤーは、思い通りにならない局面で、自分を見失うことなく辛さに耐えながら、ポジティブに乗り越えていくことができる”心の強さ”を醸成できることが立証されてきたからである。1998年という年は、この国で始めて、大卒が高卒の新卒就職者数を超えた年でもあったことを忘れてはならない。以下これまで綴ってきた関連する文を3点掲出する。

「就職失敗」が原因で、大学生が46人自殺という国(2011年 03月 03日)

 昨年の自殺者は3万1690人で13年連続の3万人超え。「就職失敗」が原因・動機の一つと判断された人が、前年より2割多い424人に上り、うち大学生は46人で前年の2倍という。今年が昨年の倍になったらと一瞬考えて、「ギクッ」とした。厳しい就職環境を反映したとみられるが、昨日書いた「就活疲労外来」がいよいよ現実的になってきた。生きる強い力の持ち方を現在の教育は教えていない。Jギャップ(日本版ギャップイヤー)が示す「インターン・ボランティア・国内外留学」の統合プログラムを大学教育現場に持ち込むことが今すぐでも必要だ。就活協定をたった3ヶ月から半年縮めればJギャップは利用でき、大学生の国際競争力向上と生き抜く力を取得もしくは大きなきっかけ作りに寄与できると信じる。

 今朝の朝日の「経済気象台」の「柴犬」氏が筆者に近いことを発言している。「日本の若い力を育もう」、いわく、「若者が意欲に欠ける。海外に出たがらない。しかし、彼らから目の輝きを奪ったのは我々自身だ。(中略)教育の中身を考え直すことが欠かせない。白紙で自分で考える能力、困難を乗り越える知恵と精神力を身につけさせたい。(中略)我々自身、もしもこういう教育を受けてポジティブ思考になっていれば、若者の意欲をここまで失わせることはなかったかもしれない。実際、いまの日本の教育では、国際舞台の他流試合に勝つことは難しい。残念ながら、教育は外国製に負けている」全く同感で、私達の主張は「大学生(高等教育の現場)に国際競争力の提供を!」である。

 柴犬氏は、後段でこう表現している。「日本の教育を見直し、創造力に富む、知的にたくましい若者」、ほんとうにそんな大学生を生み出したい。一番知的好奇心と向上心が芽生えるときに、こまねずみのような会社訪問とありきたりな企業研究、最近は学園にピンポイントでの会社説明会も多くなってきた。リクルーターも俳諧して、学内は騒がしい。いや、そういう来てくれる大学はいいほうで、恵まれている大学だとも外部からは言われる。確かに超就職氷河期の今はそうかもしれないと納得しそうになる。

だけど、根本的に何かが違う。それは学生を育てるのが高等教育の本分であり、何も一部上場に学生を送り込むことが目的ではないということだ。本末転倒とはこういうことを言うのであって、あくまで「結果」としてそうなったらいいだけの話だ。「御校の人材なら是非ほしい」と企業や官公庁にいわせるような学びの環境と教育を提供することに注力すればいいだけだ。何より、媚びない秋田国際教養大学の成功が物語っているのではないか?現在多くの大学キャリアセンターは定形なハウツーの域を出ない活動しか行っていない。学内に「インターン・ボランティア・国内外留学」の3軸の統合プログラム(日本版ギャップイヤー:Jギャップ)を本格導入すべきだ。それを産(採用企業)も認知し、官(文科省・経産省他)も認証や交付金等で後押しする。少しでも不毛な就活時間を短縮してJギャップを導入しないと、柴犬氏の理想とする青年像は日本のどの大学からも生まれてこないだろう。産官学・・・一体誰が責任とグランドデザインを持って、日本のリーダーになるべき高等教育の青年達の将来を考えているんだろう?「民」のひとりとして、残念でならない。

 「貧すれば鈍する」――これ以上の言葉が思い浮かばない。


既報「就職失敗自殺者」46名の内訳で、男子学生は40名だった(2011年 03月 27日

 昨年の「就職失敗」によるとされる大学生の自殺が倍増して46名になったゆゆしき事態は、このブログ(3月3日付)でも紹介したが、3月28日付P誌によると、内訳が40:6名と男子学生が多かったことが記述されていた。女子学生が少ないのは、「結婚に逃げる」選択肢があるからではという考察もあった。普通のまじめな学生がES(エントリーシート)を100件も出し、面接にこぎつけるのが数社で、その上で「お祈りメール」や封書が企業から届けば、落ち込むのはやむを得ないし、これが1年半も続き、それでも決まらず、大学は卒業し、特別研修生のような「記号」を与えられてどうなるのだろう?「心のケア」体制も必要になってきた。

 今回の3・11大震災による企業側が示す内定取り消し数が、16年前の阪神大震災時の500名規模と比べ、どのくらい深刻なのかも注視しなければならないが、一刻も早く「就活」の短期化・晩期化を実施し、大学学内で本来の「修学」環境をまず整えないと、高等教育人材育成の大変な障害が続き、日本国家にとって、大きな損失になる。先進国はこんなことをしていないので、少なくとも「人材の国際競争力」はますます落ちる。経済団体や企業は、今日明日を支える大学生の「人材」獲得が目的であり、その「人材」が育つ前に、それを邪魔するようなことはしたくないはずで、冷静に現在の有様を見てほしい。

「早く内定を出して、学生を楽に」という善意の企業もあるだろうし、また、就活の晩期化(いわゆる「後ろだおし」)にしても学生は救われないというマッチポンプで生業としている人材コンサルタント(聞こえはいいが、就活ハウツーを指南しているだけの輩が多い)もいるが、信に求めたい人材、社会に資する人材とは何かを考えてほしい。大学も、人材育成といっても「就活セミナー」といったハウツーの域を出ないところも多く、「学生の人材力養成」の視座から、親身になって主張すべきだ。

 今春大卒者3万3千人、求職者の1割弱が就職できない国(2011年 05月 24日)
 
 今春卒業した大学生の就職率は91.1%で、統計を取り始めた1997年以降で最低だった。文科省と厚労省が本日発表した。しかも、東日本大震災で被害の大きかった東北地方の大学は、調査対象に含まれておらず、実態はさらに低い可能性がある。

 前年より0.7ポイント悪化し、「就職氷河期」と呼ばれた2000年春と並んだ。 不況に加え、震災後に企業が新規採用を絞り込んだことも影響したと見られる。文科省の推計によると、今春の大学卒業生は約55万5千人。37万人が就職を希望したが、 うち3万3千人が就職できなかったと推計している。つまり、9%もの若者が職にあぶれてしまったことになる。

 卒業してそのままハローワークに通うということか。だから、「新卒」の肩書を選び、留年するいびつな学生も多く出現してきた。こんな具合だから、「就活」の早期化・長期化がまかり通る「負のスパイラル」に陥ってくる。JGAPが推奨するギャップイヤーのモデルは、縦糸の修学はきちんと押さえてもらい、横糸として就業・社会体験(インターン・ボランティア・国内外留学)を組み込み、社会人の完成形に近く若者を育成することである。日本の大学生の授業の準備にかける時間の短さは知られており、英国やカナダ、欧州、そして米国の名門大学がこぞって導入していることを日本風に各大学がアレンジすればよい。横糸の期間は、「就活」期間を半年でも1年でも短縮すれば、4年間の中で十分捻出できるとの主張である。 

 何より、先行きが見えない中、社会不安による自殺(昨年は前年比倍増の46名)や事件の増加を危惧してしまう。

 若者の修学や就業・社会体験の環境整備は、大人の社会、すなわち大学・企業・行政・市民の責任だと強く思う。
[PR]

# by krisyoyogi | 2011-06-12 09:56

吉永みち子さん(エッセイスト)のコラム「若者の挑戦を企業は理解して」   

 30年以上の新聞社勤務で、一種の”職業病”となってしまったことに「各紙点検」がある。主要5全国紙をさっと読み通すのだが、一日15分から1時間程度、スケジュールの関係や興味関心のある記事の多寡で時間は変わるが、見ないとどうもすっきりしない。国内外出張で1週間読めなかったときでも、たまったその期間分の新聞を後日見出しやキーワードを手がかりに、一気に目を運ぶ。しかしながら、スポーツ紙まではなかなか及ばないのが実情だ。

 今朝、Aさんから、5月27日付スポーツニッポンに掲載された吉永みち子さんの素敵なコラムを教えてもらった。13日に開催される「ギャップイヤー・シンポジウム」を紙上で紹介されているが、見出しは「若者の挑戦を企業は理解して」。吉永さんは”内向き”の若者の存在は、若者が内向きなのではなく、「若者が内向きになるしかない何か、言われるままに外向きなどなったらエラい目にあうと自らを封じ込める何か」が構造的問題なのではと説く。

 「大学を休学したり、就職した会社を辞めて、20代の若さで広く世界を見て自分の力でできることを模索している人たちは、まさに(日本で)もとめられている人材なはずだ」
 「その過程で培われる力は帰国後に正当に評価されるどころか、下手をすると”人生のロスタイム”になってしまう」

 若者には「外を向け!」というくせに、外に向いて頑張った人を正当に評価しない、せっかくたくわえた能力も生かされず、苦労だけ背負い込ませる。このような現状がはびこる日本社会や企業の古典的でステレオタイプの「人材評価システム」が”外向き”の阻害要因と切り込む。

 吉永さんは、13日の「ギャップイヤー・シンポジウム」に参加を考えていると聞く。
 
[PR]

# by krisyoyogi | 2011-06-09 10:47

公式ウェブ「私のGAP YEAR 時代」第3話はフリーター歴7年の経験もある慶大大学院石倉洋子教授   

  
 公式ウェブ「私のGAP YEAR 時代」第3話の慶大大学院石倉洋子教授のインタビューを終えての「インタビュー後記」は以下のとおりです。



"普通の女子大生"から一流の知識人・教育人への過程を、失敗や挫折を交え包み隠さず披瀝できる"強くしなやかな"人

 石倉先生には、"内向きで元気がなく、だけど日本の未来を託すしかない"次世代の若者に向かって、早々に語りかけていただきたいとお願いした。私には連載初の女性の先達は、米国留学時にボランティア体験もされている石倉先生しかないと考えていた。


 それは、「留学とボランティア」の掛け合わせは、ギャップイヤーの一つの要件だからだ。先生の事情は4月下旬は一橋から慶応に大学を移られた矢先、しかも5月のGW明けにはスイスに出張される最悪のタイミングでのオファーとなってしまった。それにも関わらず、「時間を見つけます」と、即刻研究室がある日吉から丸の内の東京21cクラブにお越しいただいた。まさに、"電光石火"、このインタビューで語られた「時間、順序、スピード」を体言するような判断だった。そのときどきの重大な決断時の心のありさまや考え方を惜しげもなく、しかもある意味赤裸々に指南されている。この先生のしなやかさと同居する強靭さは何だろうかと一晩考えた。


 それは、石倉先生は"現在進行形"の方で、若者に伝えるべきメッセージはこれからもずっと続くからだと理解した。その先生が"キラキラ"した目で言う。「私の原点は、(親元離れた)最初の米国留学時の体験です」。先生だって、失敗の多い"普通の"悩める女子大生だった。適職や天職も最初からこの世に存在するはずもない。そして、なければ自分で切り開いて創ればよい。若者には、石倉先生からそんな人生の一つの"お手本"を感じ取ってほしい。
[PR]

# by krisyoyogi | 2011-06-01 01:31

中国・江南地方(蘇州等)で ENROLMENT CRISIS(国立大学入学志願者数激減) 要因は少子化と海外留学   

 先ほど送られてきたCSRアジアのMLによると、中国・江南地方(長江南岸地域全体。蘇州、無錫、嘉興などを指す)だけでも、国内の国立大学志願者数が対前年比97,000人ものマイナスという。


 理由は、少子化と、海外留学が容易に可能になったことが、主な原因という。中国の”グローバル戦略”の現れ、姿勢かもしれない。中国でも大卒者の就職難は顕著で、この動きは、人材の差異化狙い、付加価値狙いともとれる。興味深いトピックスだ。
[PR]

# by krisyoyogi | 2011-05-30 17:34