女子大生Tさんのギャップイヤー挑戦は輝いている   ”世界一の幸せ”   

 女子大生Tさんは、今年4月から大学を休学し、アジアの最貧国と呼称されることの多いバングラディッシュに旅立った。もともと、社会的課題を克服するビジネスを興し、社会を変革するリーダーになることを夢見ていた。旅立つ前には、当然具体的な目標を持っていた。


 去年の夏にバングラディッシュに行ったきっかけから現地の教育現場の崩壊に問題意識を持った。その子供たちにとって最適な学校をどのように作ればいいのか、その答えを探す手段としての入国だった。教育という軸で,その後は世界の端から端まで見て行こうという計画で、心躍らせながら荷造りをしたという。


 しかし、現地に実際入り、自分が課した課題や目標を敢えてとっぱらって考える、世界と自分と対話する時間が必要なことにに気づいてしまった。それは、目の前の一歩という見えるべき道がまた霧に包まれて方向を見失った状態になることを意味し、毎日やるべき課題や具体的なゴールも見えない初めての経験を味わうことになる。


 Tさんが悩んだことは「本当に教育に興味があったのか、いつのタイミングになったら大学に戻っていいと思えるのか、何に一番興味があるのか」という根源的な問いだったという。異国の地で、自分を見つめなおし、1日何時間も考えてノートに書いたり、本を読んだり、新しい人と会ったりした。



 日本では、これまで学生団体の役職についたり、研究会に属していて、時間が埋め尽くされていた。忙しいことに喜びを感じ、暇自体が不安で、計画のない毎日は時々ストレスに感じたという。しかし自分がほんとうにやりたいことを見つけるためには、ここで時間をかけることが、もっとも正しいやり方であろうと信じたという。


 「遠回りをして、寄り道を重ね、好奇心のままになびき、周りからみたら無駄な時間を過ごしているように思われているかもしれない。しかしこの遠回りに無駄なことは何一つないはず。むしろこの休学は自分のほんとうにやりたいことに確信を持つための最初で最後の時間だと思う」と言う。


 Tさんに限らず、青春時代に、自分自身に課した足かせをとっぱらって考える期間は必要で、これこそ、実はギャップイヤーの真髄だと思う。


 Tさんの人間としての成長は、人生観・就職観について、次の表現に現れる。
「私は日に日に、社会が決めた、親が決めたレールの上から外れることに対する恐怖がやわらいできた。就職活動も今の自分となっては決して人生の”to do"ではない。むしろ10年、20年先がわかってしまう人生を選ぶよりかは明日、明後日すら予想できない不確実性の高い人生を選びたい」


 6月になり、Tさんはある貧しい村を訪問する。風呂は清潔はとてもいえないバケツ一杯の水があてがわれるかどうか、携帯の電波は届かず、夜は真っ暗な世界の中に、と星の光と蛍の明かりだけが村を照らす。


 じいちゃん達の路上での集会、家族のためにけなげに働くお母さん、池で洗濯するばあちゃん、猫の陽だまり、子供達の屈託のない笑顔に、この村は「世界で一番幸せな村」ではないかと思ってしまう。


そして、最後に、彼女はこう結ぶ。――”世界一の幸せが埋もれてる国なのかもしれません”

 
 私はTさんのこのすばらしい感性に脱帽し、女性ギャッパー(gapper)の人としてのこれからの成長を ”人一倍”楽しみにしている。
[PR]

# by krisyoyogi | 2011-07-10 08:50

東大改革案「全面秋入学とギャップイヤー(4-8月)導入」に想うこと   

 7月1日付日経朝刊のスクープとなった東大改革案の「全面秋入学とギャップイヤー(4-8月)導入」の2点セットであるが、 一般の若者の意見としてツイッターを覗くと、概ね歓迎ムードである。多くの識者・論者も関心があるようで、盛り上がっている。新卒一括採用の息苦しさ解消への期待感があったり、学術分野での世界との競争上当然といった声も聞かれる。


 私にとっては、日本における”研究・教育”の総本山とされる東大が、大学生の「社会体験(ボランティア・語学やその他学位に直結しない国内外留学)、就社に直結しないインターン」というギャップイヤーを認知するかどうかに一番注目している。それは、これからの大学の機能定義は「研究・教育(プラス社会貢献)」に「社会体験」が加わることになることになっていくからである。ギャップイヤー導入は、大学機能の再定義を意味するのだ。


 問題点・課題を考えると、当たり前だが、まず決定ではない。決まったのは、入学時期を4月から秋に移行した場合の影響を検討するワーキンググループ(以後WG)を学内に設けたということと、今年度中に秋入学に伴う課題を整理するというだけである。



 例えば、卒業を3月から8月に変えると、企業・官庁、国家試験も「春卒業」を前提にしているから構造的に無理といった既存勢力やガラパコス支持派からの反発や抵抗なども想定すべきで、議論のゆくえを注視する必要があろう。


 
 インパクトは強く、期待は大きいだけに、冷静にWGの推移を見守る、そして”2点セット”への共感メッセージをいろんな形で産官学の各セクターの主要プレーヤーに送り続ける必要性を感じている。
[PR]

# by krisyoyogi | 2011-07-02 10:56

M君とW君、二人のギャッパー(gapper、ギャップイヤー経験者)から想うこと   

M君は、現在大学を休学してバングラディッシュにいる。地域に寄与する教育事業を展開中だ。いわゆるギャップイヤー最前線の彼が、ゴールデンウィークに一時帰国していた。何かできることはないかと、腕に覚えのあるテニスで、石巻市牡鹿中学校の女子フトテニス部でコーチを務め指導した。その女子フトテニス部の生徒から、先日メールを受け取り、震えながら涙がとまらなかったという。 震災で半数以上の部員を失いながら、数年ぶりに市総体を突破して県大会に進んたのだ。逆境の中、戦い抜いた彼女達を思っての感涙だった。


 W君は、全国から今注目を集める国際教養大学(秋田県)に入学し、大学の制度である半年間の「ギャップイヤー」にチャレンジした。まず、「住民参加型地雷除去作業」を行っている認定特定非営利活動法人 日本地雷処理を支援する会(JMAS)の協力を得て、カンボジアで1ヶ月間の研修を受けた。研修内容は、地雷原での地雷や不発弾の除去作業の見学、井戸掘り作業の補助、村として行っていたゴミ削減活動への参加、単身ホームステイによる住民との交流など多岐にわたり、内容の濃い活動が出来た。研修前は発展途上国であるカンボジアの人々に対し、「貧しい生活を送っていそうでかわいそう」というイメージをもっていたが、研修後、その見方が変わったという。

確かにカンボジアは、物資の量や経済力、衛生面など多くの点で、日本に比べ見劣りする。しかし、18歳の彼の目にはカンボジアの人々が毎日をいきいきと過ごしているように映り、「かわいそう」という感覚は違う、また表現としてふさわしくないとも思った。実際に異国の地で研修を受け、日本という国から出たことのなかった「自分の常識」という尺度とは全く違う、もう一つの尺度に出会うことができた。今まで漠然とした概念でしか捉えることができなかった「世界が広がる」感覚を実感できたという。


その後、W君は帰国し、生まれ育った地域の文化にもっと触れたい、理解したいという気持ちになった。いつか自分が受け継いだ文化を知らない他の国や地域の人にも紹介できるようになりたいと考えるようになった。それから地域で古くから歴史のある「四国88カ所巡り(お遍路さん)」をすることにした。途中で身内に不幸があり、結果的には88カ所の制覇は叶わなかったが、遍路の旅の途中や行く先々でいろいろな人と出会い、自分自身を見つめ直す良い機会になったと反すうする。


 W君と同時期に半円間のギャップイヤーを経験し、一緒に入学した友人は次のような活動をしていた。

A君
 タイで自給自足のため畑造りをしている団体のもとで、1ヶ月間のボランティアを経験。異国の地での慣れない生活や、世界各国から集まった他のボランティアのメンバーとの交流を通して、異文化とふれあうことの大切さや、それに伴う難しさを経験できた。

Bさん
 外国人労働者を雇用している国内の農家での体験プログラムを経験。外国人被雇用者と共に作業をするという体験を通して、新聞記事を通して中学時代から興味を持っていた外国人労働者の雇用問題についてより深い理解ができた。

 今W君は、野球部に所属して地区大会でのチーム初優勝を経験したり、大学祭の部門長として約50人の実行委員をまとめる経験したり、文字通り青春を謳歌している。

また、彼は、友人数人と低い人口増加率や高い自殺率等の秋田県のもつ課題に対して、多角的アプローチに繋がる情報共有を提供する活動がしたいと考えるようになった。任意団体ながら組織を設立し、日々格闘している。学生だけの内輪の団体になることなく、多くの人を巻き込みながら、大学生時代を過ごす「第二のふるさと」である秋田県の活性化に貢献したいと考えている。



W君はギャップイヤーを通して、またその後の大学での様々な経験を通して、世界にはまだまだ知らないことが数多くあることに気づいた。職業観としては、世界中の人と関わりながら、まだ日本にはないものやサービスを日本に紹介したり、日本の高い技術力やアイディアを世界に提供したりすることによって、日本を、そして世界の人々の生活をより便利で、より豊かにできるような仕事に携わりたいと考えているという。


 私は、このふたりの青年の魅力はと考える。グローバル・マインドでありながら、ローカルの社会的課題にも視座を持てる若者の誕生だ。つまらない”同調圧力”に屈し、2年もの大事な大学生活を消耗し、形式と無謬(むびゅう)性の追求に終始するくだらない「就活期間」との落差を感じ、大学生の本来の「高等教育のあり方」に思いをはせる。
 
[PR]

# by krisyoyogi | 2011-06-30 20:03

大学寮の新設・再生は、親元離れた”非日常性”づくりの観点からも評価できる 24日付朝日・朝刊から思う   

 多摩地区で、寮(=寄宿舎)を新設する動きが相次いでいるという。古めかしいイメージや苦学生をイメージさせる寮であるが、ギャップイヤー期間の条件である「親元離れる」という非日常の舞台づくりの視点からも、学年の横・縦の「学びの場所」としても、再評価したい。


 朝日によれば、中央大学は、日野市の多摩平団地を業者がリノベーションし、その1棟を丸ごと国際寮として借り上げたという。留学生に住居を提供する目的と、国際交流の場として活用できないかという視点から、今風にいうところのシェアハウス方式が特徴だ。すなわち、交換留学生、私費留学生、日本人学生が一組になり、ミニキッチンやトイレを共有する。それぞれの個室が共有部分につながり、コミュニケーションを図りやすいようになっている。つまり、日本人学生にとっては、日本にいながら「海外留学」を謳歌できるわけで、寮生活の1年を義務化している国際教養大学(秋田)を思い出した。日本の学生の賃料は5万円とリーズナブルで、現在40人が暮らしているというが、64人まで可能なので、埋まっていないのは、もったいない。


 国際基督教大学は、定員674人と規模が大きく、全学生の五分の一が入寮できる。少子化の中、他者と一緒に住むことで、他人への配慮や、問題解決の経験を共有できるなど、メリットは大きいはずだ。

電気通信大学は、学部、大学院を通じ8%しかいない”理系女子”のため、女子専用寮を昨年4月に整備している。定員は20人、寄宿料は月4300円と破格だ。


 『広辞苑』で「塾」は①門側の堂舎。②子弟を教授する私学舎。修学の子弟の寄宿所。③慶應義塾の略とある。注目は、③の慶応義塾の意味。慶応大学のHPをたぐると、本来は小規模な私学校を意味し、また寄宿舎のことをいった「塾」ということばが、いつしか慶應義塾のことをさすようになったとある。「お大師さま」といえば弘法のことをさすようなもので、義塾によっておよそ「塾」なるものの全般が代表されたかたちをとっていたと主張している。そして、次につなげている。


 慶應義塾といえども、はじめはやはり字義どおりの小規模な家塾にすぎなかった。場所も門側の堂舎でこそなけれ、江戸の築地鉄砲洲にあった中津藩奥平家の中屋敷内の長屋の一軒に発足し、しかも、次第に大きくなってのちもなお、当初のいかにも家庭的な情愛に満ちた塾風をながくもちつづけてきているのである。それに、寄宿舎という意味でも少なくとも明治初期ぐらいまでは、義塾でも学生は多くが寄宿生で、その寄宿舎への入退を「入塾」あるいは「退塾」といって、「塾」ということばがいわゆる塾舎の義に使われていたようである。(豆百科 No.14  「塾」)


海外に目を転じると、英国のcollegeはOxfordやCambridge などの大学を構成する学寮を指す。 学寮は学部のような専門別の単位ではなく,それぞれ独立した伝統的な特色を持ち、そこでいろいろな専門分野の教師と学生が寄宿するところで、お互いの”知”を高める。日本にはない教育文化だが、こんなところが、意外と大きな高等教育の差かもしれない。


 ”大学寮=寄宿舎=塾”の効用は、見直されてしかるべきだと思う。
[PR]

# by krisyoyogi | 2011-06-25 09:06

脳科学者・茂木健一郎氏の「ギャップイヤーのすすめ」は秀逸!   

 茂木健一郎さんは「ギャップイヤー」大賛成の人で有名だが、それを4分ほどで、動画で訴えている。ギャップイヤー文化の紹介の先に、日本に存在する世界に通じない”くだらない人材評価の価値観”を若者のチャレンジのためにぶっつぶしたいことや、多様性を受け入れる必要性を説く。


「そうだ、そうだ」と力が入るほど爽快感が広がり、やっぱり日本の未来のため変えなきゃとの想いが強くなる。くそ暑いのに、忠誠心の意思表示を要請されているせいか、男女とも不気味な黒一色のスーツを身にまとい(数年前は紺やグレーもあったはずだが)、「就活」で身も心も疲弊している若者を思い浮かべながら、茂木節をご堪能いただきたい!!


 あんなユニホームのように”金太郎飴”状態で統一されている格好から、いきなり入社しても、創造力やバイタリティやチャレンジ精神と正反対のことしていて、活躍などできないなんて、企業も社会もわかっているはずじゃないかと問いたい。


  ※映像は、下記まで。
  http://www.ustream.tv/recorded/7382132
[PR]

# by krisyoyogi | 2011-06-24 00:21