清水康之さん(ライフリンク代表・内閣府参与)が30日の「メメント・モリ」鼎談でギャップイヤー制度を提案   

 「暗闇の中でしか、見つけることのできない光がある」を合言葉に、本日30日に都内で「メメント・モリ」のイベントが開かれた。意味はラテン語で「死を憶(おも)え」、「喪失を忘れるな」。就職に失敗したり、病気になったり、大切な人を亡くしたりと生きていれば誰しもが、なんらかの「喪失感」を体験する。その「喪失体験」や不条理にどう向き合っていけばいいのか、腰を落ち着けて一緒に考えてみようというのが、会の趣旨だった。
 
 プレゼンターは、まず大野更紗(作家、大学院生) さん。1984年福島県生まれで、現在上智大学大学院休学中。学部在学中にビルマ難民に出会い、民主化や難民問題を研究、NGO活動に尽力。大学院に進学した2008年、自己免疫疾患系の難病を発症。2011年6月に刊行した初の著書、『困ってるひと』(ポプラ社)が話題になっている。難病で「医療難民の当事者」となっていながら、「今日も絶賛生存中」と、明るく前向きに、自分の身に起こったできごとを冷静に受け止め、語れる人だった。

 二人目は、星野智幸(小説家)さん。1965年ロサンゼルス生まれで、2歳から東京で暮らす。早稲田大学卒業後、2年半の新聞記者生活を経て、メキシコ留学した。新聞社を辞めたのは、2年半もいれば、会社の文化がわかり、どのように振舞えば、何も考えずに自動的に回るかわかってくる。それが染み付くのが嫌で、飛び出したという。ラテン文化という日本文化とある意味、真反対のカルチャーに接して、楽になったという。帰国し、1997年にデビューして以来、独自の視点と表現で作品を紡ぎ続ける。ツイッターやブログで、政治や震災、自殺等の社会問題についても積極的に発言している。代表作に『ロンリー・ハーツ・キラー(2004年)』、『無間道(2007年)』、『俺俺(2010年)』がある。

 
 おふたりとも、「ギャップイヤー経験者」とも言える。だからかもしれないが、3人の鼎談に移り、清水康之さんが、「日本の若者が、山村留学、福祉の勉強やサッカーでも日本を離れるギャップイヤーを利用できるようにするのはどうだろう。財源とかそういう話になるが、彼らがいいこと学んで帰国したら、活性化するわけだし・・・」と切り出した。日本社会にはびこる”同調圧力”を受けて、息苦しく思っている若者達に、日本を離れることで、自分とじっくり向き合う時間を作れ、しかも専門性や能力を高めることができるからである。


 この日の六本木の会場は、170名の参加で満員で補助椅子が出され、「ニコニコ生動画」には、なんと27,715人が視聴した。規模感でいえば、武道館でのコンサート3回分の人たちと時間を共有したこととなる。


 私が、目頭が熱くなったのは、鼎談の最後に、内閣府「いのち支える(自殺対策)プロジェクト」のキャンペーンソング「あかり」がPV動画とともに流れた時だった。歌っているのは、シンガー&ソングライターの「ワカバ」。聞くところによると、これはタイアップを前提に書かれた曲ではない。「ワカバ」は介護福祉の専門学校の同級生で、共に介護福祉士の資格を持つ亀田大、松井亮太、塚本伸男の3人組で、2000年に結成された。素敵な曲だった。


 彼らは当時小さなライブハウスを中心に活動していて、ある日いつも最前列に陣取って声援を送ってくれていた少女が、いないことに気づいた。それで、他の常連の少女達に聞いてみて、その少女が自殺したことを知った。せめてお線香だけでもと、遺族のご両親に連絡を取り、彼女の部屋を見せてもらうと、自分達のポスターや写真、グッズがたくさんあり、逆にショックを受け、無力感にさいなまれたという。「自分達の歌に力はなかった」と解散を相談したという。3人ともうちひしがれる中、先輩にうながされ、大切な人がこの世から消えないために、自分達に何ができるかじっくり話し合った。そして、亡くなった彼女や生きる力をなくしている人達に向けて、もう一度自分達の言葉で作った曲が、この「あかり」だ。清水さんはこの曲を見つけ、そこから、キャンペーンソングへとつながっていったのだ。


 また、曲に伴って動くイラストレーションというかアニメがあまりにすばらしく、会の終了後に、思わず清水さんに聞いてしまった。
「ある大手広告会社のプロフェッショナルで、プロボノです」
 やはり、心がこもった仕事とは、こういうものを指すんだと唸ってしまう。


 「小さな小さな あかりでも きっと誰かを照らせるんだ」
「ずるしてもいいよ 逃げたっていいよ 負けてもいいよ でも自分を逃げ出さないで」

 最後の歌詞はこう終わる。
「僕の前から消えないで 消えないで 消えないで」


 何らかの縁でこのブログを読む羽目になった皆さん、ここまで来たら、「百聞は一見にしかず」、残り3分間是非観て聞いてほしいPVだ。

 ※ワカバの「あかり」PV=ユーチューブ
[PR]

by krisyoyogi | 2011-07-30 21:54

<< 「就職難で留年 4万5000人... 7月27日付朝日朝刊の読者の「... >>