首都大学東京村田啓子教授の「若年者雇用~敗者のレッテル」の示唆   

 本日28日付日経朝刊のやさしい経済学」のコラムの中で、村田教授は「敗者のレッテル」として、阪大近藤講師の研究を紹介している。「新卒市場で就職に失敗すると、『敗者のレッテル』が貼られるというシグナリング効果が存在し、新卒採用重視の雇用慣行と相まって、『初職(最初の仕事の意)』効果を強めている可能性がある」と指摘している。

 救いだったのは、村田教授と一橋大堀雅博教授との共同研究でわかった、「新卒時に労働需要が悪く正社員に就かなくても、卒業後3年以内に一度でも正社員に就いているか否かの確率が、新卒で正社員に就いた人とあまり変わらない」というデータだ。つまり、やり直しというか挽回が利くという福音がそこにはある。


 しかし、卒業後に景気がよく正社員に就けても、「3年以内に正社員からいったん離れると、その効果は薄れる」というデータはやはり厳しい。


 就活でしのぎを削り、晴れて正社員になっても、「3年以内に3割が辞めてしまう」現状を考えるとき、列車が引込み線から本線に戻れる多様性ある社会(ダイバーシティ)にする必要は、この国の発展のため、絶対必要だ。ギャップイヤー導入もそのためとも言える。

※JGAPのウェブサイトはhttp://japangap.jp
[PR]

by krisyoyogi | 2011-04-28 12:09

<< 鳴門教育大学阪根准教授の「キャ... オックスフォード大苅谷剛彦(社... >>